ウクレレ1日1動画 〜1週間で曲が弾ける!〜

Youtubeと連動!分かりやすい解説でウクレレが弾ける!

【4日目】優里/ドライフラワー - 親指のストローク

www.youtube.com

・親指を使ったストローク

ストロークとは右手の親指で弦を一気に4本弾く事です。

1本2本弾いただけではストロークとは呼びません。

まずはフォームから確認しましょう。

 

 

正面から見た図です。

右手の親指以外の3本はウクレレ下部を支えるようにします。

ボディーのポコっと凹んでいる部分です。

この状態で親指を動かし弦を弾くのがストロークです。

試しに4弦から1弦へ親指を滑らせるようにしてストロークをやってみましょう。

 

 

ストローク後の親指の位置の確認をします。

親指が人差し指にくっつくぐらいの位置に来ていたらOKです。

慣れないうちはどうしても動きが小さくなりがちです。

ストロークは4本弾かないといけないのに2〜3本しか当たらなかったりします。

ポンポンポンポン、とゆっくりでいいので最初は4本しっかり弾くようにして下さい。

慣れたら弾く速度を徐々に上げていきます。

ポンポンポンポンが、ポポポポン、のようになっていき最終的にはポン!と1つの音に聞こえるようにします。

こうなった始めてきちんとストロークが弾けたと言えます。

左手はコードチェンジしないで何か1つ押さえやすいをコード押さえたまま練習します。

いきなりストロークとコードチェンジを同時にやるとどちらも適当になってしまいます。

コードチェンジの練習は3日間で丁寧に練習したと思うのでご安心下さい♫

今日からは右手だけ、親指でしっかり4本弾く事を意識して練習して下さい。

 

・コードチェンジ+ストローク

そろそろ親指ストロークも慣れてきたと思います。

最後の確認で実際にコードチェンジをしながら練習しましょう。

コードはCとGがいいと思います。

↑これがCです。

↑これがGです。

Cを4回ストローク、Gを4回ストローク、これを繰り返します。

C、G、C、Gとコードチェンジして下さい。

コードチェンジをしながらだと簡単だと思っていた親指ストロークもちょっと難しく感じますね。

右手の支えるフォームがきちんとしていないとコードチェンジの時にウクレレが動いて安定しません。

なのでしっかり持って弾きましょう。

毎回申し上げていますが焦りは禁物です。

ゆっくりゆっくりでいいんです♫

気長に楽しく練習して、それを続けて上手くなるのが理想です!

 

1週間で曲が弾ける、4日目は親指ストロークを確認しました。

次回は人差し指ストロークの練習です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

お気に入り登録、Youtubeのチャンネル登録、宜しくお願いいたします♫