ウクレレ1日1動画 〜1週間で曲が弾ける!〜

Youtubeと連動!分かりやすい解説でウクレレが弾ける!

【3日目】優里/ドライフラワー - サビを弾いてみよう!

www.youtube.com

・サビのコード譜

ドライフラワーのサビのコード譜です。

コード譜、というのは↑の画像のようにコードだけが書かれた楽譜の事です。

弾き語りをしている方々が何か紙を見ながら演奏している時はこのようなコード譜を見ている場合が多いです。

音楽の授業で使っていた五線譜(横線5本とオタマジャクシのアレです!)はあまりウクレレや弾き語りの世界では使われません。

このコード譜を見て、実際にコードを演奏出来るように練習していきましょう♫

 

コード譜の読み方

左上から右下に向かって読んでいきます。

文章を読む時と同じですね。

なのでこのコード譜を読む場合は最初に左上のC、最後にD7を弾く事になります。

ここまでは簡単です、しかしコード譜をよく見て下さい。

縦線で区切られていますがコードが2個だったり1個だったりする所があります。

この縦線で区切られた1つのブロックを”1小節”と言います。

そしてブロックにコードが1つの場合はそのコードを4回弾きます。

ブロックにコードが2つの場合はそれぞれ2回ずつ弾きます。

つまり、最初のCとGは2回ずつジャンジャン弾いて、次のD7は4回ジャンジャンジャンジャンと弾きます。

ドライフラワーのサビは1段目のD7の時と2段目のAmが1小節にコード1つで書かれています。

ここだけが注意点です。

基本的にはコードを2回ジャンジャン弾いてコードチェンジしていけばいいのですが、たまに1つのコードを4回弾く所があるという事です。

この曲は他にもB7のような押さえるのが難しいコードを素早くコードチェンジしないといけないので中々大変だと思います。

ゆっくりコード譜と動画を見ながら何度も練習してみて下さい。

最初は全くついていけなくても段々弾けるようになってきますよ♫

 

・まとめ

サビのコード譜、読み方、弾き方を紹介しました。

この曲は弾き語りをしたいという方に大人気の曲なのでウクレレでもギターでも練習している方は沢山います。

そんな方々が「あれ、案外難しいな……」と思うのがこのサビです。

それまでは比較的弾きやすいのですがサビが急に難しくなるんです。

今回はその難しいサビをあえて紹介しました笑

このサビさえ弾けたらイントロやAメロBメロは全然簡単に弾けます!

なので少し頑張ってこのサビを弾けるようにして下さい。

次回の4日目からは右手の練習です。

ストローク、と呼ばれるテクニックを分かりやすく解説していきますお楽しみに♫

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

分からない所があったら気軽にコメントで質問して下さい。

お気に入り登録、Youtubeのチャンネル登録、宜しくお願いいたします♫